FUNK

ウェッサイの重鎮ぶり Shake/General Caine(’80)

LAのゲットースラム街からの荒々しい過激なファンク。媚びることなく、単調なモーグサウンドがフロアを切り裂く。80年にリリースされたGeneral Caineジェネラルケーンの2/Get Down Attackだ。ボーカル、ベース担当のミッチ・マクダーヴェルを中心としたGeneral Caine。これは2作目のアルバムだが、メンバーはアルバムごとに違うし、バックコーラスを加えると二桁人数まで達するファンク軍団。「ねばりっこく絡み合うメタリックな感触に貫かれたグルーヴ、乱暴に切り込むホーンセクション、コンクリートジャングルで叩き上げたかのようなタフなヴォーカル」。この世界観はミッチが作り上げたものだが、80年代を代表するファンクブラックネスを十分に味わえるアルバム。必携の一枚。

Shake/General Caine(’80) SoulFlava Rank 168位

1980年昭和55年
静岡駅前地下街爆発事故/新宿西口バス放火事件
イラン・イラク戦争(〜1988)/山口百恵引退
王貞治引退
[話題・流行]ルービックキューブ/聖子ちゃんカット
[流行歌]雨の慕情/贈る言葉/ダンシングオールナイト
[公開映画]地獄の黙示録/ドラえもん・のび太の恐竜
[夏]モスクワオリンピック
[冬]レークプラシッドオリンピック




関連記事

  1. FUNK

    今夜もお腹が空いたら、召し上がれ Funkin’ Around/Bloodstone(&…

    80年代のソウル・ブラックミュージックは時代の流れの音楽に、ベテランも…

  2. chocolate milk
  3. FUNK

    Roll With The Punches/ADC Band(’82)

    東京は真冬を迎えた。気温は氷点下。こんな時にはやはり熱いファンクが一番…

  4. FUNK

    Body Talk/The Deele (’83)

     赤坂ムゲンに現役で足を運んでいた時代はムゲンの最後の最後の時期であっ…

  5. FUNK

    漆黒の音 Curious/Midnight Star(’84)

    人種的遺伝子でしかない受け入れられないだろう漆黒の音がある。それらは米…

  6. FUNK

    キャメオの弟分として活躍 Mine all mine/Cashflow (’86)

     70年代デビューのファンクバンドやアーティストが80年代に入ると、時…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. FUNK

    メロディラインは頭を覚醒し、精神を静かに高揚させる Everybody Lov…
  2. VOCAL

    まだまだ現役、メリッサの御大とのデュエット LOVE CHANGES/MELI&…
  3. FUNK

    漆黒の音 Curious/Midnight Star(’84)
  4. VOCAL

    80年代ニューヨークサウンド You ‘re The One/Kat…
  5. FUNK

    You’ve Got That Magic/Fatback (…
PAGE TOP