FUNK

Roll With The Punches/ADC Band(’82)

東京は真冬を迎えた。気温は氷点下。こんな時にはやはり熱いファンクが一番だ。
耳の肥えたブラックミュージックファンなら、この音を聞いて、あの男を思い浮かべることだろう。あのファンクのリズム、ドラミング、そして語り尽くすシャウト。これはまさにファットバックFatbackそのものである。プロデュースはfatbackを牽引するビル・カーティスとゲーリートーマス。
1982年にリリースされたこの曲、アルバムはRoll With The Punches/ADC Band(’82)、その同名タイトル曲。コティリオンでの5枚目となったこのアルバムはADC Bandを代表する一枚となった。曲はどれをとっても、豪快なファンクのオンパレード。ボーカルのジェームス・マドックスの声が、痺れるファンクを一層盛り上げる。メンバー全員9名という大所帯は、当時の王道でもあるバンド構成。
アートウェルマシューズ(Vo)
ケイヤ・マシューズ(Vo)
ジェイムズ・マドックス(Vo)
マーク・パターソン(b)
マイケル・ジャドキンス(kbd)
パーヴィス・ジョンソン(g)
チャールズ・ホーキンス(g)
ジョン・カルホーン(tp)
マッキンレイ・カンニハム(sax)

Roll With The Punches/ADC Band(’82) SoulFlava Rank 119位




1982年 昭和57年
ホテルニュージャパン火災
日本航空350便(羽田沖)墜落事故/500円硬貨発行
テレホンカード発行(カード式公衆電話が全国に普及開始)

6月:東北新幹線開業
7月:昭和57年7月豪雨(長崎大水害)
11月:上越新幹線開業
11月:中央自動車道全通
[流行歌]北酒場/赤いスイートピー/待つわ
[公開映画]蒲田行進曲/セーラー服と機関銃
=================
原宿ピテカントロプス開店
大阪マハラジャ開店
大阪ジジック
歌舞伎町ディスコ女子中学生殺人事件


U Funk Ula/ADC Band(’82) SoulFlava Rank 234位
この曲もビル・カーティスとゲーリートーマスによるプロデュース。




関連記事

  1. FUNK

    今夜もお腹が空いたら、召し上がれ Funkin’ Around/Bloodstone(&…

    80年代のソウル・ブラックミュージックは時代の流れの音楽に、ベテランも…

  2. FUNK

    メロディラインは頭を覚醒し、精神を静かに高揚させる Everybody Loves The Sun…

    黒人音楽の中毒性の高さを語るにこれほどまでにふさわしい曲はない。メロデ…

  3. FUNK

    タイム 漆黒のファンクネス、ビルボードライブトーキョー来日決定!

    2017年の<第59回グラミー賞>授賞式でプリンスの追悼パフォーマンス…

  4. FUNK

    漆黒の音 Curious/Midnight Star(’84)

    人種的遺伝子でしかない受け入れられないだろう漆黒の音がある。それらは米…

  5. FUNK

    80年代初期を彩った骨太ファンクと女性コーラスの妙 Show Me The Way/Skyy(…

    ニューヨークはブルックリン出身のファンク・バンド,BrassConst…

  6. FUNK

    Oops!/Chaz(’83)

      当時の日本にはカラオケボックスやキャバクラや、携帯電話もなく、あ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. FUNK

    Roll With The Punches/ADC Band(’82…
  2. VOCAL

    カシーフサウンドにこの切ない歌声は必聴 Back To Love/Evelyn …
  3. FUNK

    Oops!/Chaz(’83)
  4. VOCAL

    ソウル版水戸黄門の衝撃 Joy&Pain / Donna Allen …
  5. VOCAL GROUPS

    バブルの夢(Dreamin’)の中にいた Dreamin’/Gui…
PAGE TOP