VOCAL GROUPS

  1. 純烈の友井はなんてゲスな男なんだ。Shu B/Guesss(’93)

      純烈、というグループ。一般人には昨年彗星のように現れ、2018年大みそかに『NHK紅白歌合戦』初出場を果たしたばかりの音楽グループ。さらなる飛躍を期待された…

  2. 80年代初期を彩った骨太ファンクと女性コーラスの妙 Show Me The Way/Skyy(…

    ニューヨークはブルックリン出身のファンク・バンド,BrassConstructionsのキーボード奏者ランディ・ミューラープロデュースにより、80年代初期を彩っ…

  3. 緩やかな絶頂を迎えていく珠玉のバラッド。Torn between two lovers/The Ri…

    1989年、この年東証大納会が最高値を記録したバブル絶頂の年。80年代の後半、ブラックミュージックはダンスクラシックスに代表される東西海岸の競演を終え、ニュ…

  4. なんてお洒落なブラコン Body Rap/Wynd Chymes(’82)

    「ブラコン・・・」。80年代初頭、ブラックコンテンポラリーミュージックを略してブラコン。骨太で重いファンクとは異なり、モダンでアーバンでお洒落なブラックミュー…

  5. ディスコバンドから大人のブラコンへ Over And Over/Shalamar(’83…

      Shalamer シャラマーは当時のディスコブームに乗って77年に結成された、一発狙いのディスコバンドだった。イギリス出身のサイモン・スーザンはその程度でこ…

  6. Can You Feel My Love/Khemistry (’82)

    76年に創業し、86年に突如解散したプレリュードレーベル(Prelude Label)は、当時のニューヨーク、いや世界を代表するディスコインディーズレーベルだっ…

最近の記事

  1. 情感たっぷりのDeeDeeの代表曲
  2. コアファンに今でも支持されるRJ’S LATES…
  3. タイム 漆黒のファンクネス、ビルボードライブトーキョー来日決…
  4. ソウル版水戸黄門の衝撃 Joy&Pain / Do…
  5. まだまだ現役、メリッサの御大とのデュエット LOVE CHA…
  1. FUNK

    タイム 漆黒のファンクネス、ビルボードライブトーキョー来日決定!
  2. FUNK

    Shake It/LA.Connection(’82)
  3. NEWS

    マライア大失態
  4. FUNK

    80年代初期を彩った骨太ファンクと女性コーラスの妙 Show Me The Wa…
  5. NEW JACK

    中古市場で4000円!Eric Gable – Process of…
PAGE TOP