FUNK

80年代初期を彩った骨太ファンクと女性コーラスの妙 Show Me The Way/Skyy(’83)

ニューヨークはブルックリン出身のファンク・バンド,BrassConstructionsのキーボード奏者ランディ・ミューラープロデュースにより、80年代初期を彩ったSkyy。個人的にはLet’s Celebrate(’81)が一番のお薦めなのだが、その後の期待でリリースされた6作目にあたる83年のアルバムSky Lightも期待を裏切ることがなかった懐かしい記憶がある。とりわけこのShow Me The Wayは、Skyyの持ち味である、女性の美しいコーラスを全面にフューチャーし、骨太のベースラインとキーボードの絡みが美しい。ブラスコンストラクションが骨太なファンク、男性的な世界観である反面、Skyyは骨太ファンクをベースとしながらも3人の女性コーラスが醸し出す、女性的で都会的なところが対象的で聴き比べてみると面白い。86年にEMIに移籍するまでのこのSalsoul時代がやはりSkyyらしさを残している。
曲はアカペラから入り、ベースとドラムラインが適度なファンク度とおされ(?)度合い、そしてコーラスライン。80年代を代表するブラコンに泣ける。

Show Me The Way/Skyy(’83) SoulFlava Rank 108位






1983年昭和58年
忠生中事件(校内暴力全盛)
大韓航空機撃墜事件(GPSの民間開放へ)

3月:中国自動車道全通
4月:東京ディズニーランド開園
5月:日本海中部地震M7.7・津波
10月:三宅島噴火
[話題・流行]キン肉マン消しゴム/ファミリー・コンピュータ(ファミコン)/ドラマ「おしん」
[流行歌]矢切の渡し/さざんかの宿/SWEET MEMORIES
[公開映画]E.T./南極物語/時をかける少女

カフェバー・ブーム、ディスコ冬の時代
京都マハラジャ開店

関連記事

  1. FUNK

    メロディラインは頭を覚醒し、精神を静かに高揚させる Everybody Loves The Sun…

    黒人音楽の中毒性の高さを語るにこれほどまでにふさわしい曲はない。メロデ…

  2. VOCAL GROUPS

    Can You Feel My Love/Khemistry (’82)

    76年に創業し、86年に突如解散したプレリュードレーベル(Prelud…

  3. FUNK

    Do It To The Max/XAVIER (’82)

    こちらもファンク・レアな一品。このPoint Of Presure('…

  4. FUNK

    You’ve Got That Magic/Fatback (’84)

    1970年にドラマー、ビルカーティスを中心に結成されたファットバック。…

  5. FUNK

    タイム 漆黒のファンクネス、ビルボードライブトーキョー来日決定!

    2017年の<第59回グラミー賞>授賞式でプリンスの追悼パフォーマンス…

  6. FUNK

    Forget Me Nots/Patrice Rushen(’82)

    ファンクに欠かせない骨太なチョッパー奏法。スラップベースの響がファンク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. NEWS

    88年バブル株価最高値目前のメロウな夜 Manhattans/Gerald Al…
  2. FUNK

    漆黒の音 Curious/Midnight Star(’84)
  3. FUNK

    タイム 漆黒のファンクネス、ビルボードライブトーキョー来日決定!
  4. VOCAL GROUPS

    ディスコバンドから大人のブラコンへ Over And Over/Shalamar…
  5. VOCAL

    まだまだ現役、メリッサの御大とのデュエット LOVE CHANGES/MELI&…
PAGE TOP