FUNK

  1. Forget Me Nots/Patrice Rushen(’82)

    ファンクに欠かせない骨太なチョッパー奏法。スラップベースの響がファンクそのものの骨格を作っている。哀愁あるメロディでありながら骨太なスラップベースが絡むForg…

  2. Do It To The Max/XAVIER (’82)

    こちらもファンク・レアな一品。このPoint Of Presure('82)からはアルバム一曲目のWork That Sucker To Deathが有名だが、…

  3. chocolate milk

    踊るなら踊りな!バーケーズファンにはたまらない一曲 Who’s Gettin It-/C…

    Chocolate MilkはBarkaysやCameo全盛の80年前後のちょっとだけ、コピーバンドっていう印象が当時。でも実際はこのアルバムFriction(…

  4. ウェッサイの重鎮ぶり Shake/General Caine(’80)

    LAのゲットースラム街からの荒々しい過激なファンク。媚びることなく、単調なモーグサウンドがフロアを切り裂く。80年にリリースされたGeneral Caineジェ…

  5. Shake It/LA.Connection(’82)

    一作で消える、バンドはブラックミュージックの世界には決して少ないとは言えず、そうした一作バンドの貴重な曲を追い求めているマニアも多い。ブラックミュージックの場合…

  6. Body Talk/The Deele (’83)

     赤坂ムゲンに現役で足を運んでいた時代はムゲンの最後の最後の時期であったけど、当時の出演バンドや暗い闇の中で特にプレイされていたのがこのBody Talk/Th…

最近の記事

  1. SOULFLAVA MIXⅡについて語る No.1
  2. DJディストラクション 破壊的なファンクミックスに酔う
  3. NYディスコサウンドの隠れた名曲 You Can’…
  4. 1986年のNY 伝説のKISS FMに涙する
  5. 外房太平洋から昇る朝日 
  1. FUNK

    なんてお洒落なブラコン Body Rap/Wynd Chymes(’…
  2. FUNK

    Body Talk/The Deele (’83)
  3. FUNK

    Forget Me Nots/Patrice Rushen(’82)…
  4. Soul Flava Channel

    1986年のNY 伝説のKISS FMに涙する
  5. 未分類

    Floatin’ On Your Love/The Isley Br…
PAGE TOP