FUNK

  1. キャメオの弟分として活躍 Mine all mine/Cashflow (’86)

     70年代デビューのファンクバンドやアーティストが80年代に入ると、時代を代表する音の流行をうまく取り入れ、その時々の音色に変化し、評価されている。西海岸ではレ…

  2. Oops!/Chaz(’83)

      当時の日本にはカラオケボックスやキャバクラや、携帯電話もなく、あ、もちろんインターネットもなく、メールもない世界だった。趣味を選ぶなんて選択肢はあまりない世…

  3. 今夜もお腹が空いたら、召し上がれ Funkin’ Around/Bloodstone(&…

    80年代のソウル・ブラックミュージックは時代の流れの音楽に、ベテランも新人も適合の歴史じゃなかったかと。時代を代表する音楽をうまく取り入れ(時にコピーも散見され…

  4. Roll With The Punches/ADC Band(’82)

    東京は真冬を迎えた。気温は氷点下。こんな時にはやはり熱いファンクが一番だ。耳の肥えたブラックミュージックファンなら、この音を聞いて、あの男を思い浮かべること…

  5. Forget Me Nots/Patrice Rushen(’82)

    ファンクに欠かせない骨太なチョッパー奏法。スラップベースの響がファンクそのものの骨格を作っている。哀愁あるメロディでありながら骨太なスラップベースが絡むForg…

  6. Do It To The Max/XAVIER (’82)

    こちらもファンク・レアな一品。このPoint Of Presure('82)からはアルバム一曲目のWork That Sucker To Deathが有名だが、…

最近の記事

  1. コアファンに今でも支持されるRJ’S LATES…
  2. タイム 漆黒のファンクネス、ビルボードライブトーキョー来日決…
  3. ソウル版水戸黄門の衝撃 Joy&Pain / Do…
  4. まだまだ現役、メリッサの御大とのデュエット LOVE CHA…
  5. 純烈の友井はなんてゲスな男なんだ。Shu B/Guesss(…
  1. VOCAL

    まだまだ現役、メリッサの御大とのデュエット LOVE CHANGES/MELI&…
  2. VOCAL

    カシーフサウンドにこの切ない歌声は必聴 Back To Love/Evelyn …
  3. FUNK

    今夜もお腹が空いたら、召し上がれ Funkin’ Around/Bl…
  4. FUNK

    Forget Me Nots/Patrice Rushen(’82)…
  5. FUNK

    漆黒の音 Curious/Midnight Star(’84)
PAGE TOP