FUNK

  1. 今夜もお腹が空いたら、召し上がれ Funkin’ Around/Bloodstone(&…

    80年代のソウル・ブラックミュージックは時代の流れの音楽に、ベテランも新人も適合の歴史じゃなかったかと。時代を代表する音楽をうまく取り入れ(時にコピーも散見され…

  2. Roll With The Punches/ADC Band(’82)

    東京は真冬を迎えた。気温は氷点下。こんな時にはやはり熱いファンクが一番だ。耳の肥えたブラックミュージックファンなら、この音を聞いて、あの男を思い浮かべること…

  3. Forget Me Nots/Patrice Rushen(’82)

    ファンクに欠かせない骨太なチョッパー奏法。スラップベースの響がファンクそのものの骨格を作っている。哀愁あるメロディでありながら骨太なスラップベースが絡むForg…

  4. Do It To The Max/XAVIER (’82)

    こちらもファンク・レアな一品。このPoint Of Presure('82)からはアルバム一曲目のWork That Sucker To Deathが有名だが、…

  5. chocolate milk

    踊るなら踊りな!バーケーズファンにはたまらない一曲 Who’s Gettin It-/C…

    Chocolate MilkはBarkaysやCameo全盛の80年前後のちょっとだけ、コピーバンドっていう印象が当時。でも実際はこのアルバムFriction(…

  6. ウェッサイの重鎮ぶり Shake/General Caine(’80)

    LAのゲットースラム街からの荒々しい過激なファンク。媚びることなく、単調なモーグサウンドがフロアを切り裂く。80年にリリースされたGeneral Caineジェ…

最近の記事

  1. 中古市場で4000円!Eric Gable – …
  2. エロエロな時間 それはアイズレーの時間 Between Th…
  3. 88年バブル株価最高値目前のメロウな夜 Manhattans…
  4. メロディラインは頭を覚醒し、精神を静かに高揚させる Eve…
  5. 80年代初期を彩った骨太ファンクと女性コーラスの妙 Show…
  1. FUNK

    Shake It/LA.Connection(’82)
  2. NEW JACK

    中古市場で4000円!Eric Gable – Process of…
  3. FUNK

    漆黒の音 Curious/Midnight Star(’84)
  4. FUNK

    エロエロな時間 それはアイズレーの時間 Between The Sheets/T…
  5. VOCAL GROUPS

    緩やかな絶頂を迎えていく珠玉のバラッド。Torn between two lov…
PAGE TOP