FUNK

漆黒の音 Curious/Midnight Star(’84)

人種的遺伝子でしかない受け入れられないだろう漆黒の音がある。それらは米国で受け入れられても、日本ではラジオプレイもされない。ナイトクラブでプレイされることもない。
Freddie Jackson Nice’Slow
Marvin Gaye Sexual Healing
Mtume Juicy Fruit
とりわけマービンのそれは、全米で大ヒットしても、日本ではほぼ受け入れられなかった。

漆黒の音の謎。

Midnight StarはReggieとVincentのCalloway兄弟を中心に結成されたファンクバンド、『No Paring On The Dance Floor』(1983年)と『Planetary Invasion』 (1984年)のこの2作が、大きなヒットとなった。『Planetary Invasion』 の中で、最も後世のアーティストにサンプリングされ、受け継がれたのが、名曲Curiousである。

Curious/Midnight Star(’84)SoulFlava Rank 63位

アルバムPlanetary InvasionはもうほとんどCDでも手に入りにくい状態で、3000円から5000円を超えるものまで。世界でもレアになりつつある名盤だ。



関連記事

  1. FUNK

    Body Talk/The Deele (’83)

     赤坂ムゲンに現役で足を運んでいた時代はムゲンの最後の最後の時期であっ…

  2. FUNK

    メロディラインは頭を覚醒し、精神を静かに高揚させる Everybody Loves The Sun…

    黒人音楽の中毒性の高さを語るにこれほどまでにふさわしい曲はない。メロデ…

  3. FUNK

    Shake It/LA.Connection(’82)

    一作で消える、バンドはブラックミュージックの世界には決して少ないとは言…

  4. FUNK

    Oops!/Chaz(’83)

      当時の日本にはカラオケボックスやキャバクラや、携帯電話もなく、あ、…

  5. FUNK

    キャメオの弟分として活躍 Mine all mine/Cashflow (’86)

     70年代デビューのファンクバンドやアーティストが80年代に入ると、時…

  6. FUNK

    Forget Me Nots/Patrice Rushen(’82)

    ファンクに欠かせない骨太なチョッパー奏法。スラップベースの響がファンク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. FUNK

    漆黒の音 Curious/Midnight Star(’84)
  2. NEWS

    88年バブル株価最高値目前のメロウな夜 Manhattans/Gerald Al…
  3. FUNK

    キャメオの弟分として活躍 Mine all mine/Cashflow (…
  4. chocolate milk

    FUNK

    踊るなら踊りな!バーケーズファンにはたまらない一曲 Who’s Ge…
  5. FUNK

    今夜もお腹が空いたら、召し上がれ Funkin’ Around/Bl…
PAGE TOP