FUNK

タイム 漆黒のファンクネス、ビルボードライブトーキョー来日決定!

2017年の<第59回グラミー賞>授賞式でプリンスの追悼パフォーマンスとして「Jungle Love」「The Bird」を披露したモーリス・デイ。そのモーリス・デイ&タイムが2019年6月に来日する。
1981年にミネアポリスで結成され、結成40年近くになる老舗ファンクバンド。(なんと現在はThe Original 7venと言う名前で今も活躍中なのだ。)プリンスファミリーとして有名だが、それ以上にブラックミュージックを代表するプロデューサー、ジミージャム&テリールイスが在籍していたことでも有名だ。また今回来日するジェリービーンジョンソンやモンテ・ムアの二人や、またジェシージョンソンなど、モーリスデイも含めれば、非常に才能あふれるアーティスを抱えたバンドだった。それゆえに、プリンスとの確執やバンド内の混乱も起こり、ジャム&ルイスという大物も脱退してしまった。
タイムと言えば、モーリスデイの個性、そして777-9311のファンクネス、Jungle Loveのバードダンス、そしてジミージャム&テリールイスプロデュースによるFishnetの洗練されたファンクネスと、プリンスに比して劣らない音楽性のバリエーションが楽しめる。ブラックミュージックを語る上でタイムの存在は欠かせない。そのファンクネスを6月しっかり体感したい。




関連記事

  1. FUNK

    エロエロな時間 それはアイズレーの時間 Between The Sheets/The Isley B…

    「エロエロな時間 それはアイズレーの時間」これはもう誰も否定できな…

  2. FUNK

    Do It To The Max/XAVIER (’82)

    こちらもファンク・レアな一品。このPoint Of Presure('…

  3. chocolate milk
  4. FUNK

    漆黒の音 Curious/Midnight Star(’84)

    人種的遺伝子でしかない受け入れられないだろう漆黒の音がある。それらは米…

  5. FUNK

    Oops!/Chaz(’83)

      当時の日本にはカラオケボックスやキャバクラや、携帯電話もなく、あ、…

  6. FUNK

    Roll With The Punches/ADC Band(’82)

    東京は真冬を迎えた。気温は氷点下。こんな時にはやはり熱いファンクが一番…

人気記事ランキング TOP5

最近の記事

  1. FUNK

    80年代初期を彩った骨太ファンクと女性コーラスの妙 Show Me The Wa…
  2. VOCAL GROUPS

    緩やかな絶頂を迎えていく珠玉のバラッド。Torn between two lov…
  3. FUNK

    なんてお洒落なブラコン Body Rap/Wynd Chymes(’…
  4. chocolate milk

    FUNK

    踊るなら踊りな!バーケーズファンにはたまらない一曲 Who’s Ge…
  5. FUNK

    Body Talk/The Deele (’83)
PAGE TOP