FUNK

タイム 漆黒のファンクネス、ビルボードライブトーキョー来日決定!

2017年の<第59回グラミー賞>授賞式でプリンスの追悼パフォーマンスとして「Jungle Love」「The Bird」を披露したモーリス・デイ。そのモーリス・デイ&タイムが2019年6月に来日する。
1981年にミネアポリスで結成され、結成40年近くになる老舗ファンクバンド。(なんと現在はThe Original 7venと言う名前で今も活躍中なのだ。)プリンスファミリーとして有名だが、それ以上にブラックミュージックを代表するプロデューサー、ジミージャム&テリールイスが在籍していたことでも有名だ。また今回来日するジェリービーンジョンソンやモンテ・ムアの二人や、またジェシージョンソンなど、モーリスデイも含めれば、非常に才能あふれるアーティスを抱えたバンドだった。それゆえに、プリンスとの確執やバンド内の混乱も起こり、ジャム&ルイスという大物も脱退してしまった。
タイムと言えば、モーリスデイの個性、そして777-9311のファンクネス、Jungle Loveのバードダンス、そしてジミージャム&テリールイスプロデュースによるFishnetの洗練されたファンクネスと、プリンスに比して劣らない音楽性のバリエーションが楽しめる。ブラックミュージックを語る上でタイムの存在は欠かせない。そのファンクネスを6月しっかり体感したい。




関連記事

  1. FUNK

    今夜もお腹が空いたら、召し上がれ Funkin’ Around/Bloodstone(&…

    80年代のソウル・ブラックミュージックは時代の流れの音楽に、ベテランも…

  2. FUNK

    Shake It/LA.Connection(’82)

    一作で消える、バンドはブラックミュージックの世界には決して少ないとは言…

  3. FUNK

    Body Talk/The Deele (’83)

     赤坂ムゲンに現役で足を運んでいた時代はムゲンの最後の最後の時期であっ…

  4. FUNK

    メロディラインは頭を覚醒し、精神を静かに高揚させる Everybody Loves The Sun…

    黒人音楽の中毒性の高さを語るにこれほどまでにふさわしい曲はない。メロデ…

  5. FUNK

    ウェッサイの重鎮ぶり Shake/General Caine(’80)

    LAのゲットースラム街からの荒々しい過激なファンク。媚びることなく、単…

  6. FUNK

    Oops!/Chaz(’83)

      当時の日本にはカラオケボックスやキャバクラや、携帯電話もなく、あ、…

最近の記事

  1. FUNK

    エロエロな時間 それはアイズレーの時間 Between The Sheets/T…
  2. VOCAL GROUPS

    ディスコバンドから大人のブラコンへ Over And Over/Shalamar…
  3. NEWS

    マライア大失態
  4. FUNK

    なんてお洒落なブラコン Body Rap/Wynd Chymes(’…
  5. chocolate milk

    FUNK

    踊るなら踊りな!バーケーズファンにはたまらない一曲 Who’s Ge…
PAGE TOP