80年代NYディスコサウンド

NYディスコサウンドの隠れた名曲 You Can’t Run from Love/Maxine Singleton

80年代初期NYディスコサウンドといえば3大レーベル

70年代後半から83年にかけて絶頂期を迎えていたニューヨークディスコサウンド、その代表曲のほとんどが「プレリュードレコード(Prelude Records)」やカイリー兄弟により創設されたニューヨークのダンス・レーベル、「サルソウルレコード(SalSoul Records)」そしてウエストエンドなどからリリースされていました。
サルソウルはLoleatta Holloway(ロリータ・ハロウェイ)、First Choice(ファースト・チョイス)、Instant Funk(インスタント・ファンク)、Inner Life(インナー・ライフ)が有名。
この時代のニューヨークディスコサウンドはまるでミラーボールのよう、そして音楽に合わせて光るダンスフロアのようにキラキラ輝いていました。
このあたりの音楽がリアルに今もプレイされ、そしてたくさんの人と踊れるのは、赤坂見附駅のソウルダイニング鶴千さんぐらいではないでしょうか?

今回は同じくNYディスコレーベルだった「Emergency Records」からリリースされた隠れた名曲「You Can’t Run from Love」 Maxine Singleton マキシーン・シングルトンをご紹介します。

隠れた名曲とはまさにこの曲のような存在を言うのでしょうか。プレリュードレコード(Prelude Records)」や「サルソウルレコード(SalSoul Records)」を漁りきっても、まだまだNYディスコサウンドへの飽くなき追求の先にはこうした音楽と出会う喜びがあるのです。サウンド的にはプレリュードに近いミディアムテンポなダンスナンバー。このマキシーンシングルトンというパワフルで豊かな声量を持ったソウルフルなシンガー、この曲は83年に発売されていますが、彼女のデビューは82年の「Don’t You Love It」。

Maxine Singleton

そしてこのアーティストを語る上で欠かせない事実・・・82年といえば、マドンナのホリディが大ヒットした年、そしてこの曲は実はそのホリディを作曲した”Curtis Hudson”によって作曲、プロデュースされているんです。しかし残念ながら彼女の情報はこのデビュー曲と翌年のこの曲のみ。そして2曲とも上位チャートインすることなく、終わっています。

Cutis Hudsonが「Holiday」制作秘話を語る

当時この名曲を渋谷のビッグアップルや六本木のスタワンやキサナドゥで聴いていたら そしてその思い出が残っていたなら、どんなに素敵だっただろうかと。そう思いながら今夜このレコードに針を落とすのです。

関連記事

  1. 80年代NYディスコサウンド

    80年代初期を彩った骨太ファンクと女性コーラスの妙 Show Me The Way/Skyy(…

    ニューヨークはブルックリン出身のファンク・バンド,BrassConst…

  2. 80年代NYディスコサウンド

    80年代ニューヨークサウンド You ‘re The One/Katie Kissoon…

    70年代後期に活躍していたソウルシンガーMac Kissoonの妹、ト…

最近の記事

  1. VOCAL

    情感たっぷりのDeeDeeの代表曲
  2. 80年代NYディスコサウンド

    NYディスコサウンドの隠れた名曲 You Can’t Run fro…
  3. VOCAL

    まだまだ現役、メリッサの御大とのデュエット LOVE CHANGES/MELI&…
  4. FUNK

    キャメオの弟分として活躍 Mine all mine/Cashflow (…
  5. VOCAL GROUPS

    バブルの夢(Dreamin’)の中にいた Dreamin’/Gui…
PAGE TOP