NEW JACK

中古市場で4000円!Eric Gable – Process of Elimination(’94)

今夜は久しぶりにニュージャックスィングに酔いしれようか、と取り出したのはハッシュプロで89年にデビューした、エリックゲイブル Eric Gableだ。このアルバムは94年にリリースされたが、デビューから3作目にあたるこのアルバムがどうやら最後のアルバムになってしまった。このsexyなボイスでなぜ3作で終わってしまったのかは謎だが、すべてのアルバムにおいてアダルト&Sweetな時間を約束してくれるアルバムだ。ルイジアナ生まれで、ニューオリンズで歌い、ゴスペルで育った実力者。この曲、Process of Eliminationは渋みあるニュージャックとしてこの時代を代表する一曲でもある。エリックゲイブルを初めて聞いたならぜひ、Youtubeで彼の作品をいくつか聞いてほしい。スローはどれも秀逸だが、1stの「Hard Up」の忍び寄る感満載のスローは特におすすめ。とか書きながら、彼のCDや中古レコードを探してみたら、何とこの94年のアルバムは4000円超える高値で取引されていた。まだ日本でも彼の価値を認めている人たちコレクターがいるのだと、少し嬉しい気持ちになった。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. FUNK

    キャメオの弟分として活躍 Mine all mine/Cashflow (…
  2. VOCAL

    アゴ出し効いた塩ラーメンの深い味わい Keepin’ Love Ne…
  3. 80年代NYディスコサウンド

    NYディスコサウンドの隠れた名曲 You Can’t Run fro…
  4. FUNK

    漆黒の音 Curious/Midnight Star(’84)
  5. FUNK

    タイム 漆黒のファンクネス、ビルボードライブトーキョー来日決定!
PAGE TOP