過去の記事一覧

  1. FUNK

    Forget Me Nots/Patrice Rushen(’82)

    ファンクに欠かせない骨太なチョッパー奏法。スラップベースの響がファンクそのものの骨格を作っている。哀愁あるメロディでありながら骨太なスラップベースが絡むForg…

  2. FUNK

    Do It To The Max/XAVIER (’82)

    こちらもファンク・レアな一品。このPoint Of Presure('82)からはアルバム一曲目のWork That Sucker To Deathが有名だが、…

  3. chocolate milk

    FUNK

    踊るなら踊りな!バーケーズファンにはたまらない一曲 Who’s Gettin It-/C…

    Chocolate MilkはBarkaysやCameo全盛の80年前後のちょっとだけ、コピーバンドっていう印象が当時。でも実際はこのアルバムFriction(…

  4. FUNK

    ウェッサイの重鎮ぶり Shake/General Caine(’80)

    LAのゲットースラム街からの荒々しい過激なファンク。媚びることなく、単調なモーグサウンドがフロアを切り裂く。80年にリリースされたGeneral Caineジェ…

  5. FUNK

    Shake It/LA.Connection(’82)

    一作で消える、バンドはブラックミュージックの世界には決して少ないとは言えず、そうした一作バンドの貴重な曲を追い求めているマニアも多い。ブラックミュージックの場合…

  6. 未分類

    Floatin’ On Your Love/The Isley Brothers �…

    90年代R&Bブラックミュージックを牽引したRケリーが、見事に復活させた96年のThe Isley Brothersのアルバム「Mission To Pleas…

最近の記事(投稿順)

最近のコメント

ソーシャル

  1. VOCAL

    アゴ出し効いた塩ラーメンの深い味わい Keepin’ Love Ne…
  2. FUNK

    エロエロな時間 それはアイズレーの時間 Between The Sheets/T…
  3. VOCAL GROUPS

    ディスコバンドから大人のブラコンへ Over And Over/Shalamar…
  4. FUNK

    Oops!/Chaz(’83)
  5. FUNK

    漆黒の音 Curious/Midnight Star(’84)
PAGE TOP