Back To Love/Evelyn King(’82)

イヴリン・キング(Evelyn King、1960年7月1日 – )は、アフリカ系アメリカ人の女性歌手。ニューヨーク・ブロンクス区出身。
「”Shame”」や「”I Don’t Know If It’s Right”」などの1970年代のヒットがあるが、なんと言っても、1982年、シングルカットされた「ラブ・カム・ダウン」が全米17位を記録したアルバム『ゲット・ルース』が彼女の代表作。この大ヒットアルバムはMorrie Brown(モリー・ブラウン)とKashif(カシーフ)のプロデュースによるもの。2016年4月に来日し、その健在ぶりに圧倒。中でもこの曲はダンサブルな中にも情のこもった彼女の歌声が印象的だ。本当の力量を抑え気味に、ビートに絡むようにソウルに歌い込む。

Back To Love/Evelyn King(’82) SoulFlava Rank 54位

訃報。カシーフ、58歳で死去

1982年昭和57年
ホテルニュージャパン火災
日本航空350便(羽田沖)墜落事故/500円硬貨発行
テレホンカード発行(カード式公衆電話が全国に普及開始)

6月:東北新幹線開業
7月:昭和57年7月豪雨(長崎大水害)
11月:上越新幹線開業
11月:中央自動車道全通
[流行歌]北酒場/赤いスイートピー/待つわ
[公開映画]蒲田行進曲/セーラー服と機関銃




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です